米軍基地内の運転で、
学んだこと。

神谷博樹さん / 入社8カ月

入社前はどんな仕事をしていましたか?また、転職のきっかけを教えてください。

入社前は、電気通信系の会社に努めておりました。
父親と弟がタクシー乗務員で、タクシー業界の話をよく聞いていました。特に話題に上ったのは「自分の頑張った分だけ評価される」ということ。頑張った分だけ成果がでる仕事に興味を持ったことが、タクシー乗務員を目指すきっかけとなりました。
新しいことに挑戦したい気持ちもあったので、乗務員としての技術だけでなく、英語も身につきやすい環境である米軍基地内の乗務員を希望しました。
二種免許の取得には、会社が援助してくれました。私はマイペースにゆっくりと教習所に通いましたが、それでも1か月半と、割と短い期間で取得できました。

入社してみていかがですか?営業所や職場の雰囲気について聞かせてください。

人間関係や、道が覚えられるかどうか、米軍基地内という特殊な環境の中でやっていけるだろうか…など、色々と不安でしたが、先輩方にきちんと教えていただけますので、安心して働けています。
まだ行ったことのない場所へお客様をお送りする際に、道を間違えたりとお客様をスムーズにご案内できずにお客様にお叱りを受けてしまうだろうか…と不安でしたが、どのお客様も丁寧に道を教えてくださいます。

入社して苦労したことは何ですか?

強いてあげるとすれば、お客様をご案内している際に、お客様の怒ったり泣いたりされている声が聞こえた時が気になります。そんな時は、どうお声がけするのがお客様のためになるだろう…?と困惑してしまいます。
海外のお客様をご案内しておりますので、言葉の壁が大きいのだと感じております。
更に努力を積み重ねて、海外のお客様にも気の利いた対応ができるよう努めていきたいと思っています。

仕事の魅力やおもしろさ、印象に残っているエピソードなど教えてください。

私は、担当区域が米軍基地内のため、お客様は海外の方となります。
はじめはお客様の話していることが聞きとれずに、戸惑う場面もしばしばありました。
最近は少しずつ、単語で聞き取れるようになり、お客様の話したいことが理解できるようになってきました。喋るとなると、まだまだ片言ではありますが(笑)、日を追うごとに、お客様とより深くコミュニケーションが取れつつあることに、自分自身の成長を感じています。
また、米軍基地内は、道の状況も建物の覚え方も米軍基地の外とは違うので、ベース内のルールや建物を少しずつ憶えていくことにもやりがいを感じています。

沖東交通へ就職を検討している方へ向けてメッセージをお願いします。

私自身、入社して間もなく、まだまだ勉強中の身です。
私が心掛けていることは、「周りの方のフォローや助言を素直に素直に受け止めること」。
どんな仕事も最初から「できる」人はいません。しかし、先輩・同僚方の言葉を素直に「聞く」ことはできるのではないでしょうか。
素直に受け止めて仕事に打ち込むことが、仕事に慣れていくコツだと実感しています。

この会社は、努力すればした分だけ、ちゃんと評価される会社だと思います。
また、先輩・同僚の皆さんにも、きちんとご指導いただけるので、未経験の方でも安心して働けます。
皆さんと一緒に働けることを、楽しみにお待ちしております。

他のインタビューを読む

安座間かよこさん / 入社22年目
比嘉しのぶさん / 入社7年目

社員インタビュー

女性こそ、タクシードライバーに向いている。