女性こそ、
タクシードライバーに
向いている。

安座間かよ子さん / 入社22年
比嘉しのぶさん / 入社7年

営業所や周りの乗務員さんの雰囲気を教えてください

安座間さん 当時(22年前)は、県内全体タクシー乗務員63名のうち、女性はたった2名でした。
入社当時は、女性ドライバーという事でお客様から冷やかされたりと辛い時期もありました。何度も辞めようか悩みましたが、先輩社員に助けられながら乗り越えていきました。
今はICレコーダーやカメラがあるので、問題なく働けますね。年々、働きやすい業界になっているように感じます。

比嘉さん 皆さん、優しい方が多いように感じますね。
仕事をしていて「楽しい」と感じることはたくさんありますが、1日の仕事終わりに営業所に戻って、同僚と今日あった出来事やお客様とのことなど、色々とお話することもまた、楽しみの一つです。
ありがたいことに、毎日、楽しく仕事させていただいていますね。

プライベートと仕事のバランスはいかがですか?家庭との両立は出来る環境ですか?

安座間さん 仕事は無理せず、休みながらバランスはよく働いています。
子供が居る方には、沖東交通グループ職員向けの託児施設「オレンジキッズランド」が始まった事で、とても働きやすい環境になったと思います。

比嘉さん 子育てしやすい環境なのでとてもバランスがとれています。
私の子どももまだ小さいので、保育所を利用しているのですが、保育所の料金は認可の保育園の半分程度なんです。時間の調整がしやすいだけでなく、経済的な面でも助けられています。
「ちょっとやってみたいな」と検討されている方は、思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか?

乗務員としてステップアップしていくことについて、心掛けている事はありますか?

安座間さん 観光のお客様をご案内する際に特に心がけているのですが、「いちゃりばちょーでー」の気持ちで、お客様を兄弟のように身近に思い親切に接しています。
すると、県外から定期的に来られる方がリピーターになってくれて、沖縄に来られるたびに直接「運転をお願いしたい」とご連絡いただくんですね。こちらからマンゴーをお送りしたり、逆に贈り物をいただいたりと、まるで遠方に住む家族のようなお客様もおられます。
お客様に「楽しかった」と喜んでもらえることがやりがいにつながり、お客様に楽しんでいただけることを目指してご案内していたことで、リピーターが増えていったように思います。
仕事の中で、喜びややりがいを見つけることが、ステップアップのポイントなのかもしれません。

比嘉さん 女性ドライバーのステップアップの目安として、※ハローキティ ドライバーを目標に頑張っていただきたいと思っています。
また、タクシー乗務員ならではの資格もあります(観光認定試験)。
難易度の高い資格ではありますが、資格を取得したドライバーは県やタクシー協会、そして観光客の方からご指名いただく機会が増えます。
資格や称号だけではなく、日ごろお客様に接する中でも、学びの機会やステップアップするチャンスはたくさんあると思います。積極的に学んでいく姿勢を忘れずに努めていけば、リピーターもついてくるはずです。

※ハローキティ ドライバーについて・・
ハローキティ タクシーに乗る乗務員を「ハローキティ ドライバー」と呼びます。県内でも限定5台しか走行しておらず、主に優秀な女性ドライバーに任される。

「完全歩合制」と伺いましたが、月給制の仕事に比べて難しくはないですか?実際働いてみて、どう感じていますか?

安座間さん 意外と大丈夫です。頑張れば頑張るだけ自分の収益になりますので、楽しくて頑張れちゃいます。
ありがたいことに、沖東交通では1日約3,000件の配車依頼(お客様から乗車希望の要請を受けること)があるそうです。お客様から配車依頼があった際には、GPSで乗務員の現在位置を割り出し、お客様の現在地から近いタクシーを配車します。システムは、ベテランにも新人にも平等です。だから、常にチャンスはあります。
リピーターが増えてきたら、もっと楽しいですよ!お客様のため、自分のステップアップのためにもっと頑張りたいとモチベーションが高まります。

比嘉さん 始めは難しそうだな・・・と不安に思っていました。でも、気づけば私も勤務7年目。意外と大丈夫です。
例えば朝の通勤のお客様を覚えていけば、通勤は皆さんたいてい同じ時間にお出かけになることに気がつきます。人の流れが、なんとなくわかってくるんですよね。
時間帯と場所の情報を徐々に覚えていき、お昼はこの場所、夜はこの場所に・・・とタイミングを図ってタクシーを走らせることで、お客様をご案内するチャンスを増やしていきました。

乗務員になって、苦労した点や、やりがいを感じた点を教えてください

安座間さん 強いて言うなら、お酒が入っているお客様は言葉がきつい場合があるので、少し戸惑います。
そんな時こそ、特に女性らしくあろうと努めています。どれほど、きついことを言われても、自然な態度で微笑みむこと。お客様への目配り・気配りを忘れずに、安全にお客様を送り届けることを第一に考えること・・・。
苦労というよりも、どんなことが起きてもプロ意識をもって、しっかりお客様を送り届けなければ・・・と、よりいっそう身が引き締まる思いになりますね。

比嘉さん お客様をご自宅や個人宅にご案内する際に、入り組んだ道に入っていくと、わからなくなってしまうことがありますね。
今はナビがあるので、楽になりました。会社の方で道を指示するようなシステムが入っておりますので、地理が頭に入っていなくても安心して働けます。

沖東交通へ就職を検討している方へ、特に女性に向けてアドバイスはありますか?

安座間さん タクシードライバーへの転職を検討された方の第一関門って、二種免許の取得についてだと思います。
沖東交通は二種免許取得をサポートしてくれるシステムがありますので、安心してドライバーになれますよ。

タクシー乗務員は男性というイメージがあるかとは思いますが、実は営業成績のトップは女性ドライバーです。女性こそ、タクシー乗務員に向いていると思います。ぜひご検討ください。

比嘉さん 最初は大変ですが、それはどの仕事も同じだと思います。
タクシー乗務員は、頑張れば頑張るほど成果が上がるので、働いていて、とても楽しいです。
皆さんと一緒に働けることを、楽しみにしています!

他のインタビューを読む

神谷博樹さん / 入社8カ月

社員インタビュー

米軍基地の運転で、学んだこと。